○高校時代(プロフィール)

「普通」に友達と遊んだり、学生の定番である遊びボーリングやカラオケも初めて行きました。学校の行事に参加したり、勉強したりするのも初めてでした。
それまで、よしえバカだねえ〜と言われることが多かったので、そもそも勉強する気がなかったから、本当に私ってバカなのか?本気でやってみよう!!と取り組み1から勉強できる商業科で実験してみたのです。
結果、3年間成績は1番で卒業し、私ってバカじゃないんだ!と気づきました。

そんな私を高校の友だちは変わってるね〜とよく笑ってました。

これがいわゆる「普通」なのかと理解した時、私には「普通」は無理だ。と感じてしまいました。刺激が足りない。成長曲線が緩やかで変化が少ないのがつまらないと思ってしまったんです。
何より先が見えて安定してる未来より、想像もつかないような未来のほうがワクワクしました。
しかし、狭い世界しか知らず一般の知識と教養がなかったわたしは、どこへエネルギーを放出すればいいか分からず迷走の3年間がスタートすることになります。

Related Entry

NO IMAGE

○家出少女(プロフィール)

家庭環境(プロフィール)

○幼少期〜中学(プロフィール)

NO IMAGE

○進路(プロフィール)